社会保険労務士の真実大公開

インターネットというものは便利で、ふと生じた疑問の答えを、探すことができる。

社会保険労務士資格を取ろうと思った人は通常、この資格を取得するために、自分にかかってくる負担について知ろうとすると思う。

つまり、この資格を取得するための、方法・費用・時間、である。

「方法と「費用
については、正解や選択肢というものが存在する。

しかし、「必要勉強時間
については、正解が存在しない。

社会保険労務士試験に合格するための必要勉強時間は、個人個人で、かなりの差があるからだ。

これは、その人の能力についての話だけではなく、その人が身を置いている環境などにも大きく左右されるため、インターネット検索で出てくる「社会保険労務士試験の必要勉強時間は、平均して800時間ほど」という数字を、そのまま受け取ってはいけない。

社会保険労務士試験に合格するための勉強時間は、
・その人が法律の基礎知識を持っているか、
・社会保険労務士試験の試験科目について予備知識があるか、

等の事情によって、かなり左右される。

また、他の資格試験の受験経験がある人は、経験がない人よりも効率の良い勉強法を会得している可能性が高いため、その分勉強時間の短縮ができるだろうし、勉強時の集中力がある人は、ない人よりも、当然勉強時間は短くて済む。

残業の少ない会社に勤めていて、1日数時間のまとまった学習時間が準備できる人は、忙しくて細切れの勉強時間しか確保できない人よりも集中できるかもしれないし、子育て中の女性などは、長時間の勉強時間は保持できると思われるが、勉強の中断回数も多いであろう。

あるいは現在無職で、長時間の勉強時間を取ることができる人でも、時間がありすぎるゆえにかえってメリハリがなくなり、結局机に向かっている時間は少ない、といった状況も出てきうる。

結局、時間というものは、個人個人によって濃さが違うわけで、「量より質」なのである。だから、「何が何でも800時間」と、ダラダラ時間を過ごすより、限られた時間を効率よく過ごした方が結果が良いに決まっている。

そういうわけで、このサイトでは、社会保険労務士試験のための勉強時間に着目して、勉強時間の効率を良くする色々な事柄を集めてみました。

>>勉強時間が少なくても社労士試験に合格する話題の方法は?