やってはいけない勉強法(1)

★無駄に勉強時間を使わないために
人より明らかに勉強時間が短くても、合格できる人というのは、現実にいる。そういう人は、地の頭も良いかもしれないが、勉強法も上手いのだと思う。

ここで「上手い」というのは、「無駄な時間を使わない」という意味だ。

宅建などの資格試験の受験経験がある人は、その試験勉強時代に試行錯誤しているから、概ね試験勉強は上手いものである。

しかし今から社会保険労務士試験を受けようと思っている人は、これから他の試験で試行錯誤するわけにもいかない。

かといって、これから本番を迎える社会保険労務士試験で試行錯誤するのも、避けたいところだ。

だから、そういうときは、他人の教えに学ぶことにしよう。

そこで、ここでは、資格試験の勉強でNGだと言われる勉強法を、いくつか挙げてみる。

★いきなり問題集を解く
「試験なんて、問題集を1冊解いとけば合格できるもんだよ!」
・・・と言う人もいる。

確かに、試験によってはそうかもしれない。

また、試験によっては、問題集を繰り返すだけで成果が出てくることも多い。

そして、社会保険労務士試験の勉強においても、問題集の繰り返しは非常に重要である。

でも!問題集にかかるのは、テキストをせめて一通り読んでからにしよう。社会保険労務士試験は、「テキスト抜き・問題集だけ」で攻略できるほど甘くはないからだ。

確かに、問題集というものは、頭を使う。わからない問題でも、わからないなりに考えて解答し、その後で解説を読むから勉強になる。

解説を読むことで、その問題については知識を得ることができるわけだから、これを繰り返すことで、着実に知識量は増えていく。

・・・というのは、確かに真実だ。
しかし、そうして増える知識は、どうしても断片的なものになる。

断片をつなぎ合わせた知識は脆弱である。それよりも、しっかりと芯のある知識を構築した方が良いに決まっているではないか。

だから問題集にかかる前に、テキストによって一通りの知識を備えてほしい。問題集はあくまでも、知識の“補強”に使うべきものだと思われる。

>>勉強時間が少なくても社労士試験に合格する話題の方法は?